読書・映画レビュー

【マスターの教え・要約&ネタバレ注意】は量子力学の本? 富と成功をもたらす秘訣とは?

今回は私の好きな本、ジョン・マクドナルド著『マスターの教え』を紹介します。

『マスターの教え(THE MESSAGE OF A MASTER)』は、1929年に「カリフォルニア出版」というアメリカの出版社からリリースされました。

今から90年以上前に出た本ですが、現代人はもちろん、100年後を生きる未来人にも、おすすめしたい本です。

『マスターの教え』の要約

成功哲学の古典「マスターの教え」、ふたたび世に出る

マスターの教え」は、ジョン・マクドナルドという人が今から90年以上前に執筆した「成功哲学」の古典本です。時代にマッチしなかったのでしょうか? この本は長く絶版になっていました。

発売から64年後の1993年、出版の仕事をしているマーク・アレン氏のもとに出入りしていたトラックのドライバーが、「自分のお気に入りの本」だと持ち込んだことで、日の目を見ることになりました。

そして日本でも、3年後の1996年に「運命の貴族となるために」という邦題で、飛鳥新社より発売されました。

「マスターの教え」は、同じ飛鳥新社から2001年に再版されたときのタイトルで、原題「THE MESSAGE OF A MASTER」の和訳に忠実なものとなっています。

「マスターの教え」の内容は?

仕事に失敗し人生に絶望した男性が、「宇宙の法則」を熟知した「マスター」と偶然出会い、ともに旅をしながら成功哲学のレクチャーを受け、別人になって故郷に戻り次々に成功を収めていく話です。

主人公の「私」も、仕事がうまくいかずに悩んでいたところ、帰国した友人を見て、自分もマスターに会って話を聞きたいと頼み、今度は二人でマスターを探す旅に出ます。

「マスターの教え」には、二人がマスターから聞いた「富と知恵と成功をもたらす秘訣」が書かれています。



『マスターの教え』わたしたちを成功に導く言葉

すべての人は同じ一つからなる力を使っている。

茜さん
茜さん
「懸賞でテレビが当たったから、運を全部使っちゃった~」なんて言ってる人がいるけど、あれは間違いってことよね。
Ruby
Ruby
「みんな同じだけの『運』を持って生まれてくる」っていうのも、違うような気がするよね。

もし私たちにひとつの願望が生まれた時、その願望に相対立し、その意識と力を無効にしてしまうような他の思いがなければ、それは偉大な力を発揮します。

力を向ける先がいくつもあると、力は分散されて、それぞれの目標はごく弱い刺激しか受けられず、その結果、反応が遅れ、時にはまったく何も起こらないというわけです。

向日葵さん
向日葵さん
ついつい、いろいろな自分を想像してしまう。
Ruby
Ruby
うん、私も。子どもの頃から妄想癖があった。あれ、あかんやつやったわ。

次々と「外なる心」が新しい欲望をみつけたり、ありもしない障害を作りだしたりするからです。

私たちに必要なことは「外なる心」を訓練することだと、思い当たることでしょう。

Ruby
Ruby
「無理だって~」「そんなに甘くないよ~」という外野の無責任な声には絶対に耳を貸してはいけないってことね。

もし、確固たる目標が心の中でしっかりとイメージされ、描かれていれば、(略)自動的に、プラスの条件や人々を確実にあなたのもとに引き寄せます。

Jasmineさん
Jasmineさん
これは朗報!90年前から「引き寄せの法則」はすでにあったのね。
Ruby
Ruby
最近の「引き寄せの法則」よりストイックだよね。マスターの教えには「宝くじの当選方法」なんか出てこないし。

あなたの計画を他人にもらしてしまうと、その計画は緊張感を失い、そのパワーが散逸してしまいます。

Ruby
Ruby
これに関しては、自分の成功を一緒に喜んでくれる家族や親友ならいいんじゃないかな、と思う。
翠さん
翠さん
おそらく、他人からの「ネガティブ攻撃」を阻止するためだと思うわ。

あなたが、誰かに、何かを抵抗するとーそれが批判、羨望、嫉妬、にくしみ等、思いであれ、発言や行動であれ、ーあなたは必ずその相手を助け、しかもそれに比例して、自分自身を弱めてしまいます。

あなたの邪魔をする者はあなたを助けてくれているのです。彼らこそあなたの友だと考えてください。

Ruby
Ruby
これは高度なテクニック!
響子さん
響子さん
まさに、人を呪わば穴一つ!
Ruby
Ruby
わら人形に釘を打たれても、「ありがとう」と言って気にしないでおきましょう。

いつか、あなたが物質的なものを追及することから卒業する時が必ず来る。そしてあなたは人生を、人類の欲望と悲惨さと不幸から解き放つことに、ささげ始めることになるだろう。

Ruby
Ruby
結局は、こうなることが人類共通の目標よね。残念ながら、私はまだまだだけど。
ミルクちゃん
ミルクちゃん
うさぎ類共通の目標でもあるよ!




『マスターの教え』と量子力学

宇宙のイメージLumina ObscuraによるPixabayからの画像

「マスターの教え」は量子力学と親和性が高く、それなりに『科学的な根拠』のあるものだと管理人は思います。

「素粒子」は、物質の最小単位だが、それより小さい「ひも」が存在?

現在のところ、物質の最小単位は「素粒子」ということになっていますが、「超弦理論(超ひも理論)」という仮説では、有限の大きさを持つ「ひも」がさまざまに振動し、素粒子を作っているとされています。

素粒子よりさらに小さい「ひも」の存在は、今のところ「仮説の段階」ですが、今後、この「ひも」を観察できるようになり、「超弦理論(超ひも理論)」が仮説から定説になれば、自然や宇宙に関する多くの法則を、「ただひとつのシンプルな理論」で統一できるのではないかといわれています。

「波動」は物理学や量子力学の用語

原子や素粒子は、それぞれの「周波数」で振動しています。「周波数」とは、1秒当たりの振動数になります。単位はヘルツ(Hz)です。

そういえば、ラジオを聞くときには、周波数(ヘルツ数)を合わせますよね。

もちろん、素粒子の集合体である、人、花、風、うさぎ、犬…ありとあらゆるものは固有の周波数で振動しています。

物理学ではこれを「固有振動数」と呼び、この振動によって生じる波を「波動」と呼ぶそうです。

「波動」は、つかみどころのない物ではなく、れっきとした物理学や量子力学の専門用語です。

人間関係においては、「Aさんとは波長が合うが、Bさんとは波長が合わない」と、「波長」という言葉を使います。

つまり、「Bさんとは『ヘルツ数』がかなり違うから、一緒にいても退屈(場合によっては苦痛)だ」ってことですね。

宇宙と意識は相似形

宇宙は、観測できる物質がわずか5%、残りは27%の観測できない物質『ダークマター』と68%の観測できないエネルギー『ダークエネルギー』で構成されています。

心理学者のユングによると、意識全体を大きな氷山にたとえると、そのほとんどが海に沈んでいる『潜在意識』、残りが意識できる『顕在意識』だそうで、それぞれの比率は、95% 対 5%だと考えられています。

E = mc2』と『E = 』で世の中のすべてを表現!

アインシュタイン公式のイメージLumina ObscuraによるPixabayからの画像

「E(エネルギー)=m(物質の質量)c(光の速度)2」:エネルギーは物質の質量に光の速度の2乗をかけたもの

「E(エネルギー)=h(プランク定数)v(周波数):エネルギーは周波数に比例する ※ プランク定数とは比例定数であり、量子力学のマックス・プランクの名前に由来する」

どちらもアインシュタインが考え出した物理学の関係式ですが、「見えない世界」を表現するのは後者です。

イギリスのアメリカンスクールやロンドン大学の物理学科で学んだことを生かし、量子力学を用いたコーチングのお仕事をされている高橋 宏和さんの著書「科学的成功法則の教科書: 量子力学で解明!」では、以下のように分類されています。

見える世界見えない世界
E = mc2E =
肉体・物質・形・色・陽心・意識・氣・空・陰

この世は、見えるものも見えないものも、すべては「エネルギー」でできています。

つまり、この世に存在するものはすべて、「誰かの思考や想像(エネルギー)」が形になったものなのです。

百犬くん
百犬くん
コピー機や電柱、電話などはそうかもしれないけど、チューリップや犬もなの?
Ruby
Ruby
ここで議論すると長くなるので、とにかく、先へと進みましょう!

そして、量子力学的では、イメージ、言葉、行動のなかで、もっともエネルギーが高いのは「行動」だとされているそうです。

イメージ(波)>言葉(粒)>行動 → (現実化)

もちろん、イメージ、言葉、行動が同じベクトルでないと現実化しません。

Ruby
Ruby
「マスターの教え」にも、力を向ける先がいくつもあると、反応が遅れるか、何も起こらないって書いてありますね。
桃花ちゃん
桃花ちゃん
そうはいっても、自分の会社を立ち上げたい!でも、セレブな専業主婦もいいなぁ~!
Ruby
Ruby
それ、ダメッ! とりあえず、どちらかにしましょう!




もっともエネルギー(周波数)が高いのはニュートラルな状態(中庸)

あらゆる物質は、マイナスとプラス(陰と陽)で成り立っているため、ニュートラル(中庸)な状態こそが、量子力学の法則に逆らわない「自然な生き方」となります。

孔子も「中庸の徳たるや、それ至れるかな」「過ぎたるは猶及ばざるが如し」と、ニュートラル(中庸)であることが、「最高の状態(最高の徳)」であると説いています。

「中庸」とは、「グレー」の状態。「グレー」といえば、あまり聞こえは良くないのですが、管理人は「白黒二元論悪玉論者」なので、中庸をグレーと定義します。

自分が「純白」だと思うから周りがすべて「漆黒」に見え、不要な敵意や対立を生み、お互いが疲弊していくのだと考えています。

友則さん
友則さん
「金持ち喧嘩せず」の精神ですね。

また、自分自身を客観的に見てコントロールできる「メタ認知能力」も、「中庸の精神」には必要でしょう。

「メタ認知能力」が低いと第三者的な目線で物事や自分を見ることができず、相手の気持ちを考えることなく「自分だけが正しい」と思い込んでしまいます。

Ruby
Ruby
メタ認知能力はトレーニングで高めることが可能です。ググってください!
純太くん
純太くん
手抜きだぁ~。

『類は友を呼ぶ』の『類』は周波数

あらゆる物質はそれぞれの周波数で振動しています。人間だって、無数の素粒子でできているのだから、当然、振動しています。

ラジオを聞くときと同じで、この世界は同じ周波数のものが自然と引き寄せられます。

頭のなかが不満ばかりならば、同じような周波数の人が引き寄せられ、いつも楽しいことを考えていれば、楽しい周波数の物事が引き寄せられます。

E=hν』:エネルギーは周波数(波動)に比例する。

量子力学コーチの高橋 宏和さんは、「(量子力学の世界では『エネルギー』にあたる)『感情』を自由にコントロールできれば、自分の周波数を自在にコントロールでき、人生もコントロールすることができる」とおっしゃっています。

向日葵さん
向日葵さん
いつまでも、くよくよしているのが一番よくないってことよね。
Ruby
Ruby
「笑う門には福来る」。昔の人はすでに知っていたのね。とにかく、嫌なことがあったら、食べて歌うぞ~!




コンフォートゾーンを飛び出そう!

コンフォートゾーン(英語:Comfort zone)とは、「快適な空間」を意味する語である。心理学などでは、ストレスや不安が無く、限りなく落ち着いた精神状態でいられる場所を指す。(「コンフォートゾーン」wikipedia

成功のためには「イメージ・言葉・行動」が大切です。

自分のコンフォートゾーンが、「愚痴ばかり言い合い、行動しない仲間とともに居る場所」だとすれば、それも、自分の望み通りの現実を「引き寄せている」ことになります。

もちろん、多少の試練が待ち受けているでしょうが、ここを飛び出すことこそが、成功への第一歩である「行動」だといえるでしょう。

「マスターの教え(ジョン・マクドナルド著)」科学的成功法則の教科書: 量子力学で解明!(高橋 宏和著)」

90年前からの長ロングセラー「マスターの教え」と、量子力学から見た「引き寄せの法則」をご紹介しました。

「引き寄せの法則」は、それなりの「努力と行動力」が必要で、けっして魔法ではありません。

なので、管理人は、瞑想しているだけで「宝くじが当たった」といったおいしい話には懐疑的です。

けれども、「類は友を呼ぶ」「笑う門には福来る」これだけ理解していれば十分だと考えています。

そして、「よし!やってみよう」と思いつくようなことはすべて、「頑張れば上手くやれる可能性があるもの」ばかりなのではないかと、思っています。